カウンセリングの専門家に無料で相談できるサイト。
はじめましてまるこです。
父親について私の心の在り方や気づきをご教授お願いいたします。

父親に関して、70代になります。週何日か仕事にいっているようです。
お休みの日は朝からビールを飲んでいます。
お休みの日なので飲むのは良いのですが、飲酒運転をしてしまうのです。
何度も注意はするのですが、聞いてはもらえません。私はどういう風に愛をもって接すればよいのか教えてほしいのです。
相談者:まるこ さん 親子関係 9/6

回答 1

1 共感!
はじめまして 臨床心理シランの室です。
お父さんは、アルコールに対してコントロールができなくなっているようです。
70代の体で休みの日に、朝からビールを飲む行為は、普通ではありません。アルコール依存症のレベルにあると思います。その年代で、朝からアルコールを週に数度摂取しているのであれば、肝臓をはじめいろいろなところが悪くなっていてもおかしくありません。

あなたの心配の通り、飲酒運転が一番危険です。本人や他者の生命や重傷などにかかわるという、大変な危険と悪行と隣り合わせになっています。高齢者の交通事故は、世の中の耳目を集めています。もし父様が、飲酒運転で事故を起こせば、全国に報道されることになるかもしれません。ましてや、人身事故で、人を轢いたりすれば、取り返しのつかない悪行になります。補償をはじめ、子どもたちや家族にも甚大な影響を与えることになります。また被害者やその家族に対して、償いのできない事態になるかもしれません。本人だけの問題ではすまされなくなります。

直ちに飲酒運転を止めさせなくてはなりません。「愛をもってというならば」、厳愛しか阻止はできないでしょう。
アルコール依存症になっている人に、優しく忠告したところで、飲酒はやめません。また、飲酒すれば、自分がコントロール不全となり、飲酒運転を繰り返すでしょう。事故を起こすか、警察の検問で捕まるまで繰り返すと思われます。
それが依存症の怖さなのです。自分や他人の生命を傷つけたり、損なったり、迷惑をかけていることがわからなくなるのです。アルコールという魔力の前に理性は吹き飛んでしまうのです。

思いつく対応策を以下に述べます。
一つは、親を病院に連れていき、アルコール依存の治療を受けさせることです。たぶん聞き入れないような気がしますが…。
二つ目は、あなたが警察署に出向き、父親の飲酒運転の事実を話し、アドバイスを受けることです。
三つ目は、父親に「飲酒運転したら、警察に通報する」と父親に話し、聞かなければ、恨まれても通報することです。父親は怒って「通報するなら、してみろ!」と怒鳴るかもしれませんが…。
四つ目は、父親が飲酒し、車を運転したら直ちに警察に通報し、捕まえてもらことです。免停になり、車に乗れなくなり、仕事もできなるかもしれませんが、最悪の事態(人身事故や、本人の死亡事故など)は免れるでしょう。

本当に父親のことを思うなら、直ちにやめさせるべきです。愛をもってというならば、警察に相談するか、直ちに通報し、止めさせるべきです。免許取り消しになったとしても…。それが、厳愛だと思います。
回答者:臨床心理シランの室 さん 9/7
219 相談
759 回答
30 コメント
194 ユーザー