カウンセリングの専門家に無料で相談できるサイト。
新卒で入社して、今年で4年目になります。
最初に配属された部署にその部署で唯一の女性の先輩社員がおり、その方にマンツーマン指導を受けておりました。私の物覚えの悪さや知識不足から、色々とご迷惑をかけたことは重々わかっているのですが、入社後まもなく、私に対して人格否定や嫌味を言うだけでなく社内中の人に私の悪口をばら撒かれ、権力のある女性社員らとも繋がりのある人だったためにそういう人たちにも散々色々言っていたようです。一見親切で人当たりが良いけど、誰かをターゲットにして休職、退職まで追い込むなど、過去にも色々やってきた人だと上司に聞かされ、何でそんな人を新入社員の指導係にしたのかと甚だ疑問に思いました。毎日毎日人格否定や、何か発言しようものならありえない解釈や全然違う話にして周りに吹聴するため、言葉を発することもできなくなりました。常にマインドコントロールしようとしてきて、理性では分かってるのに感情はズタボロで、発達障害じゃないの?病院行けば?と言われた時は怒りがこみ上げてきました。
1年半粘りましたがついに限界が来て、人事に相談したら部署異動になり、そこから心機一転頑張りたい、とずっと思っているのですが…
自分の能力、性格、周囲からの評判、これから先の会社人生、全てにおいて、自身が持てない、希望を持てない状態です。私は人づてに聞いた人の評価をそこまで気にしないけれど、他の人も同じとは限らず、その方が権力者にも散々有る事無い事言っていることから、上の人からは嫌われていると思います。そう思うと、友好的に接したくても、きっと嫌われてるんだなという思いが強すぎて、うまくできません。実際、私にはよそよそしいというか、好かれてはないなと思えるような対応をされることもあります。仕事をちゃんとすることが、せめてもの目標ですが、私の仕事は全社員に関わり人とやりとりしながら進めることが多いため、そもそも嫌われてる人がやっていい仕事じゃない気がします。
一人相撲かもしれませんが、どうしても周囲に心を開くことが難しい状態です。
後輩の新入社員が、優しい先輩社員の下ですぐ周囲と馴染んでいる姿を見ると、どうして私はあんなことになってしまったんだろう、と悔しさと悲しさがこみ上げてきます。
今年で4年目ですが、毎日、辞めたい、でもここで頑張ってたらいつか何か変わるのか…でも毎日苦しい、と葛藤がひどいです。
どういう心持ちで職場に居ればいいのでしょうか?人にどう思われててもまぁいいや、と割り切って考える為にはどうしたらいいでしょうか?
相談者:伊織 さん 職場の人間関係 5/19

回答 4

0 共感!
はじめまして、

コメント拝見しました。

「職場の人間関係、仕事の能力全てに自信が無い」とのご相談ですね、

毎日、お勤めご苦労様です。

人間関係のストレスは話すことで軽減されます。

心を軽くするためにもカウンセリングをご利用ください。

個別対応しておりますので、

お気軽にご利用ください。


FCS 主宰 野口正彦

電話& LINE ID: 0445441539

※匿名では受付できません、氏名、ご住所、電話番号をお知らせください。
※ご相談者ご本人に30分無料カウンセリングいたします。

(営業時間内限定)平日:AM 9:00~ PM 6:00 までの受付になります。


お気軽にご相談ください。

■料金表
http://fcscart.cart.fc2.com/?page=1
------------------------------------------------------

日本心理カウンセラー協会 ★JPCA★

Japan Psychological Counselor Association.

FB: https://www.facebook.com/jpca20170801/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/MatRBdOe9DO0

------------------------------------------------------

Freedom Counseling School 

フリーダム・カウンセリング・サービス

FB: https://www.facebook.com/fcs1996st/


<★スカイプ相談★>
https://join.skype.com/IN1cA1qlnlgk

------------------------------------------------------
回答者:フリーダム・カウンセリング・サービス さん 5/19
0 共感!
はじめまして。
神戸ヒプノセラピー 催眠療法のベレッツアです。

職場でのお悩み、毎日がとても大変ではないでしょうか。
簡単には辞められないのもあなたの責任感の現れかもしれませんね。

実際にお会いしてお話しさせていただいていないので想像することしかできませんが、期待に胸を膨らませて始めた社会人人生がはじめから大変だととても辛いと思います。
横で同期が楽しそうに仕事をしているとなおさらですよね。

辛い気持ちを克服することは、かなりのエネルギーを使います。
どうすればよいかと言う答えを見つけるためにもあなたに合ったカウンセラーを見つけ、心の重荷を軽くすることが良いのではないでしょうか。

充実した仕事ができるように祈っております。
回答者:神戸ヒプノセラピー 催眠療法ベレッツア さん 5/19
0 共感!
伊織さん
初めまして、カウンセラーの関野です。
会社で上司の方とお話拝見させていただきました。
伊織さんは自分のことをよく観察されていて知っている印象をうけました。
人間の武器である、素直さを持っていて素敵ですね。

人にどう思われてもいいやと思いたくてもどう思われるか気になりますよね。
周りの人を気にすることは弱みにもなり強みにもなります。

なぜ今そのような状況になったのか、今一度一緒に考えてみませんか?

伊織さんのこれから人生がひらけていくことをねがってます。
回答者:imacoco心理カウンセリング さん 5/23
0 共感!
はじめまして、臨床心理シランの室です。

人生は、どんな人と出会い、どのような関係をもつかで大きく変わっていきます。
出会いの中でも避けがたい出会いの第一は、親であり兄弟です。次に学校時代の先生や級友、会社に入っては、上司、先輩同僚などです。また出会いを深め、関係を深めていくものとして、友達関係や恋愛・結婚などがあります。

人は出会いで人生が変わります。良い方向にも進むし、反面悪い方向にも進みます。いわゆる、良縁、悪縁と言われるものです。

仏教に誰人も避けることができない四苦八苦というものがあると説かれています。その中に「怨憎(おんぞう)会苦(えく)」というものがあります。これは、嫌な人、嫌いな人、憎い人と会わなければいけない苦しみという意味です。二千年以上前に説かれた仏教の教えの中に既に「人間関係」の苦しみが説かれています。

現在、人間関係で悩む人は多く、最大のストレス因は人間関係にあるとも言われています。
退職、転職、虐待、DV、いじめ、不登校、ひきこもり、離婚、パワハラ、モラハラなど…人間関係に関する社会問題は増加の傾向にあります。それが因となり心の病になる人も少なくありません。

100年前のゆっくりした社会と異なり、高度な近代化や科学の進歩が利便性、スピード、グローバル化、自然破壊をもたらし、人間は物質的な豊かさを享受している反面、失われたものも多くあります。

その第一が人間の心です。物質的な豊かさと反比例するかのように人間は心が貧しくなっていると言われています。経済優先社会のあおりを受け、会社は利潤追求に奔走し、利益のために自己中心的な人間を増加させています。思いやりが不足しがちになり、余裕のない人間が増えています。結果、早期離職や転職、そして引きこもりを増加させています。

あなたを指導した上司も、そのような社会の中で生み出された一人かもしれませんね。
あなたに必要な対応は、まず事実の正確な把握です。その先輩女性の会社内での行動の事実を正確に把握する必要があります。またあなたの仕事の能力や遂行力の現実把握です。仕事に対しての正当な評価だったのか、感情的な評価であったのか。

配置換えをしてもらったことは、人事部の有りがたい配慮だと思います。ただ、過去のうわさが会社内に広まり、嫌われているのではないかとあなたが思っていること…ここが大事です。事実なのか、あなたの感情的判断なのかです。その見極めをすることが肝心です。

嫌われているという、あなたの主観的判断からものを見れば、すべてがそのように映ってしまいます。まるで色眼鏡でものを見るようなものです。なんとも思っていない人の態度も、冷たく感じたり、よそよそしく見えたりしてしまいます。

あなたが事実本位でものを見ているのか、感情本位でものを見ているのか、自分自身を知ることです。そのためには、自分の客観視が必要です。

会社内に話せる友人がいれば一番いいサポートになると思います。今のあなたには、サポータが必要です。多ければ多いほどよいと思います。会社にカウンセラーがいるのなら、その方に相談されるのもよいでしょう。あるいは民間のカウンセリングルームで相談されるのもよいと思います。
孤立してはいけせん。人間、孤立すると行き詰まってしまいますから。

最後に、何があっても自分に生きること…自己評価に生きることです。換言すれば自己肯定感を強めることです。
自己肯定感を高めるには…どんな自分も「自分は自分なのだ」と認め受け入れる自分になることです。他者と比較し劣った部分を自覚したとき、自分を卑下したり、駄目な人間と思ったりしてしまいがちです。また、失敗したとき、自分はダメな無能な人間と責めてしまう傾向があります。
他者に攻撃されたり、批判されたり、嫌われたり、悪口や陰口を言われたりするとき、自分をだめな自分だと思ってしまいます。
こうしたときも、「どんな自分も自分なのだ」と自分を受け入れることができるかどうかです。

「どんな自分も自分である」と受容するためには、自己存在に対する人間観が必要です。「人間はどんな人も平等であり、可能性を秘めた存在であり、かけがえのない個性の持ち主であり成長し行く存在」という信念です。
仮に、今は劣悪な自分であったとしても、それは未成熟な発達途中な自分であり、磨けば輝く存在になると信じて努力できる信念である。

ダイヤは、もともとは黒い石に過ぎませんが、磨きをかけていけば高価な宝石となります。黒の原石を否定すれば輝くダイヤの存在はありません。どちらもダイヤです。ですから、黒い石の自分も「そのまま受け入れる」ことが自己肯定なのです。自己肯定には、「黒石もダイヤも同一の存在であり、黒石も磨けばダイヤになる」という思考の転換と信念に裏打ちされた努力が必要です。その努力の積み重ねが個性を開花させダイヤと自己を高めていくのです。

次に他者を尊敬するかかわりが求められます。
人間はどんな人も平等であり、可能性を秘めた存在であり、かけがえのない個性の持ち主である」という人間観を他者との関りの中で試みることです。
先ほどのダイヤの例に倣って、苦手な人や自分より劣ると思う人に対して、今見えている姿に左右されず、見えない心の部分…「人間はどんな人も平等であり、可能性を秘めた存在であり、かけがえのない個性の持ち主である」という信念で尊重して関わっていくのです。

他者に対しても、自分と同じように人間として尊重していく、差別したりしないでかかわっていくという実践が、他者尊重の心を強めていきます。
つまり自己尊重と他者尊重は同時並行です。鏡に向かって微笑めば微笑みが返ってきます。同様に、相手に優しくすれば、相手から優しくされるようになります。相手を尊重すればやがて相手から尊重されるようになります。

心理学の目指す自己実現の一つの姿は、自分もOKも他者もOKという自他尊重ができるようになることです。つまり自己肯定の確立です。

〇自己肯定感を高める具体的に日々の実行項目。
①    毎朝、鏡に向かって、自分に向かい、微笑みながら、「今日も一日がんばろう」と微笑みかける。
②    一日を終え、鏡に向かって「今日一日、いろいろあったけど、大変だったね。一日、よくがんばったね。今日は、それでいいんだよ。明日頑張ればいい」と今日一日生きてきたことを、労い、そのままの自分を受け入れ、認めてあげる。
※たとえ、嫌なことがあったとしても、失敗があったとしても「今日のことを生かして、明日頑張ろうね」と励ましていく。
 ③ありのままの自分、ありのままの他者を認めるために…価値評価しない。
 決めつけない。「〇〇すべき」「〇〇であるべき」という考え方をしない。
それは、価値観に自他を押し込むことになり、自己肯定感から遠ざかってしまうからです。

長くなりましたが、あなたのお役に立てれば嬉しく思います。
回答者:臨床心理シランの室 さん 5/24
229 相談
782 回答
32 コメント
199 ユーザー