カウンセリングの専門家に無料で相談できるサイト。
将来どうしたらいいかわかりません。
以前は夢があったのですが、叶わずに仕方なく
別の仕事を転々として、長続きしません。

仕事を転々としているため、年齢的にも次の仕事が
見つからず、結婚もできません。

昔から落ち込みがひどく、生きていても楽しいことは
何もないので親には申し訳ないですが
こんな感じだったらもう死のうかと最近考えてます。

ただ死ぬのも億劫で毎日がすぎていきます。

周りは結婚して子供がいて、自分なりに夢に向かって
頑張ってきたのに失敗の人生でした。
もう疲れました。
相談者:匿名 さん キャリア相談 11/29

回答 4

0 共感!
人生には挫折もあります。
しかし、諦めない限り人生に失敗なんて存在しません。

失敗が存在するのは、失敗した瞬間に辞めてしまうからです。
成功に辿りついた時、あの日の失敗が必要だったことを知ります。

成功するまでチャレンジしてください。
止まらなければ失敗なんて存在しません。

過去の体験は、成功した未来の自分に出会うためのプロセスです。
生き方に正解なんてありません。

正解がないということは、間違いもないということです。
はじめから答えなどないのだから、自分の好きに生きればいいのです。
回答者:カウンセリングル-ムエンパシ- さん 11/29
0 共感!
匿名さん、はじめまして。
以前は夢をもたれて頑張ってこられたのですね。
色々な事に挑戦すること、それはなかなか出来ないことです。
上手くいかない事もあるでしょうし、失敗してしまった。と思う時もあるでしょう。
周りとつい比べてしまい、落ち込んでしまう事もあるかと思います。
けれど、匿名さんの頑張りも経験も決して無駄な事はありません。時が過ぎて、あ、こんな事に役に立ってると、気がつく事も多いものです。
人生始めようと思ったらいつでもスタート地点に立てるのだと私は思います。
今は少し頑張った分、ゆっくり過ごし、また元気が出たら本格的に動き出せば良いのです。
出来なかった事ではなく、出来た事、頑張ってきた事を認めてあげて下さいね。
回答者:カウンセリングルーム和 さん 11/29
0 共感!
ゆう  様

こんにちは、はじめまして
臨床心理士の米田と申します。
お困りのお気持ちお察しいたします。
お仕事を転々とされるには、原因があると思いますが、
その原因を諦めずにカウンセリングで改善されるようお勧めいたします。
ただ、直ぐにも解決されたいでしょうけど、こういう場合には、原因や対策がある程度わかっても、例えばスポーツの習得でもそうであるように、一時的なアドバイスや本を読む等のみでは解決は難しいので、
諦めずに、継続的に適切なアドバイスをお求めになることをお勧めいたします。
よろしければ、私の方でも承れます。電話、メール、LINEでのご利用であれば、無料でお試しができます。
お申し込み・お問い合わせは、店舗リンク先または店舗ホームページから承れます。
回答者:新宿ファミリーカウンセリング さん 11/29
0 共感!
はじめまして。臨床心理シランの室です。

多くの人が、悩みもなく、苦しみもなく、幸せそうに生きているように見えてしまいます。「なぜ、わたしだけが、こんな、苦しみの人生を送らなければならないのか…」と、このような自分が嫌でたまらくなるかもしれません。人を責め、環境を恨み、最後は、自分を責めてしまう。自分や他者を責めれば責めるほど生きる意欲は乏しくなっていきます。

太陽は今日も、まるで地球上のすべての生き物を育むために昇ります。自然の山や川や植物は本来、太陽と同じく他の生き物を育むように生きています。他の生命を育む…愛とも慈悲とも言われるものです。人間も本来、慈悲をもった存在だと言われています。例えば、母親は無償で子の命を守り、育むものを誰人も持っていると言われています。

あなたも私も人間は本来、慈悲や愛をもった存在なのです。ただ環境の中で、それが発現されず眠ったままなのかもしれません。
あの有名な三重苦の苦しみの中で、サリバン先生と出会うことで、自らの慈悲(愛)に気づき、将来、自分と同じような障害者のために命を注いだヘレンケラーは、どんな宿命や障害も乗り越えられるという人間の底力を証明してくれました。彼女は慈悲(愛)の体現者であり、私たち人間に限りない勇気と希望を与えてくれています。(一度ヘレンの伝記を読まれるとよいと思います)。私も失敗の連続の人生でした。(拙著「失敗もいいものだよ」自伝的小説に詳述)

あなたの生きる権利は絶対なのです。今の苦しみには意味があります。あなたが自他の命を育むという慈悲に目覚めたとき、意味がわかってくると言われています。あなたにもかけがえのない、あなたにしかできない使命があると言われているからです。

世界の偉人もみな失敗の連続の中で、その苦しみの辛さに自身を内省し、自分に負けることなく生き抜いてきたといわれています。そうした苦悩を乗り越えたから、人の苦しみに涙することができ、他者の苦しみに同苦することができる人間になったと言われています。

あなたは、過去の失敗が、心の傷となり刻印され、それが折に触れ恐怖や不安となって表出され、現在を苦しめ、未来を閉ざしているのかもしれません。そして、あなたの認知や感情に影響を与え、否定的な認知や感情をもたらしているようです。そして自己の可能性の芽を摘むかのような、自己不信になってしまっているようです。

自己不信は自分の世界や将来に対しても不信をもたらします。あなたの最大の敵は、自己の可能性に対する不信なのです。
「自分を良い方向に変えていける」「自分には未来を拓く可能性がある」「自分にまだ力がある」などという自己信頼の獲得こそ、あなたを幸福に導く最大の要素なのです。

あなたには、癒し(過去の失敗の傷からの解放)が必要かもしれません。

五感を使って心を癒すのもよいと思います。
目…心を癒すものを見る。朝焼け、夕焼け、海、空、花、自然、山、川、絵など…
耳…癒される音楽、鳥の鳴き声、せせらぎ、好きなラジオ、好きな人の声など
舌…好きな食べ物、コーヒーや紅茶、ハーブティー、など
鼻…いい匂い、アロマ、花の匂いなど
身体(触)…髪型、散歩、運動、複式呼吸、温泉、入浴など
意識…読書、友達との楽しい会話、日記を書くなど

あなたを理解してくれる人に、あなたの過去を少しずつでも語ることです。日記をつけ自分を見つめることも一つの方法です。

その中で、失敗した過去の自分に向き合い、客観的にそれを見つめ直すこともよいと思います。自分に起きた過去を見つめ、ある時は怒りや悲しみを表現していく。やがて、過去の出来事を思い出しても感情が振り回されたり落ち込んだりすることもなくなります。つまり自己解放(癒し)の状態になっていきます。それとともに、否定的な認知や感情は、肯定的な認知や感情に変っていくでしょう。

一日も早く苦悩の闇から解放され心が晴れ、明るく前を向いて歩ける日を祈っています。
最後に私の好きな詩を贈ります。

現実の自己をふりむけば、たわいのないことで くよくよしてしまう。
力もない小さな自分かもしれない。
いつもこんなはずはないと思いつつ 何もできない自分かもしれない。
だからこそ成長しなければならないのです。

あなたの成長を待っている人がいる。
あなたの優しさを待っている人がいる。
私はあなたの気づかぬ あなたを知っている。
あなたには あなたにしかできない使命がある。
自らの人生で何に命を使うかを決定することを使命という。

現実という世界には、こんなことがあっていいのだろうか、
といった思いが交差しているといえる。
しかし、あなたよ、それがあなたの生きている世界の出来事なのだ。
人がどうであろうと、結局はあなた自身の問題なのだ。

現実から逃げるのは簡単、時間はあなたの思いに関係なく冷酷に過ぎていく。
あなたよ、私は信じている。あなた自身の人生に幸あることを。
あなたよ たじろぐな、あなたよ もう泣くまい、もし泣くならば、
友のために、人のために、人生の応援歌の涙を流そうではないか。

そんなけなげな一途な姿に、友は感じ、人は感じ、あなたを心から信頼する。
あなたの生き方に 人は自らを振り返り、ほのぼのとした春を迎えるだろう。

さわやかな風をうけ、あなたは微笑をみせてくれる。
あなたの笑顔に 人はあなたのやさしさを感じる。
苦しく辛いときがあるかもしれない、しかしあなたの笑顔がある限り、
あたたかな世界があることを忘れてはならない。

私はチャップリンがたまらなく好きだ。
チャップリンの生き方に優しさの厳しさ、苦しさがある。
優しさとは人知れず尽くすことなのだ。
ここにあなたの現実の世界でなさねばならない具体的なことがあるのだ。

もみじ舞うさわやかな夕日の時に、感傷的になり 人恋しくなるかもしれない。
夜、しばれる道 一人歩くとき、思わず立ち止まり、
崩れそうになるかもしれない。
あなたよ、断じて負けてはならない。
私はあなたが この世に生きている限り、守り、尽くす。
回答者:臨床心理シランの室 さん 11/29
229 相談
782 回答
32 コメント
199 ユーザー